自然紹介 2022/07/11

浄土平のハクサンシャクナゲ


浄土平のハクサンシャクナゲ  R4.7/8

浄土平もここ何日か梅雨に戻ったような、すっきりしない天気が続いています。

短かかった梅雨を取り戻すように 霧やしとしと雨が降りやすくなっていますが、
雨水を得て、植物たちは元気を取り戻しているように見えます。

浄土平駐車場周辺などで ハクサンシャクナゲが見ごろとなっています。
昨年は開花数が多い年でしたが、今年も多く咲いています。
開花の時期は平年よりも少し遅いようです。


ハクサンシャクナゲ

「浄土平園地」と呼んでいる駐車場周辺、吾妻小富士登山口にかけてや浄土平湿原の木道を歩いても見られますし、その先の桶沼、兎平、鎌沼の登山コースなどあちこちで見ることができます。

早く咲いたものはすでに終わっていたり、場所にもよりますが、これから開花するものもあります。
すでに開花のピークを迎えていますので、お早めにお越しください。


浄土平湿原のハクサンシャクナゲ

それから、ハクサンシャクナゲの変種で、福島県花にもなっている「ネモトシャクナゲ」(ヤエハクサンシャクナゲ・八重白山石楠花)も数は少ないですが、いま開花しています。

遠くから眺めていてもハクサンシャクナゲとの区別はできないので、近づいて花弁をよく観察してください。


ネモトシャクナゲ


吾妻小舎前のネモトシャクナゲ

ネモトシャクナゲは特定の場所でしか見られませんし、もともと生育数が少ないうえに、
ここ何年かは元気に開花するものがほとんど無くなってしまったように現地スタッフは感じています。

これからも将来にわたって開花が続くように、生育環境を大切に維持していきたいものです。

新着ブログをもっと読む