自然紹介 2022/07/12

鎌沼コースの開花状況


酸ヶ平のミヤマリンドウ  R4.7/11

酸ヶ平公衆トイレ清掃のあと、鎌沼周辺の様子を確認してきたのでお知らせします。

夏山満喫コースです! 
酸ヶ平〜鎌沼畔〜姥ヶ原は木道が整備され、アップダウンもほとんどなく快適に歩くことができます。

ミヤマリンドウが開花しています。


鎌沼 奥は東吾妻山


コバイケイソウ

ご存知のようにコバイケイソウは昨年、大ブレイクした年でした。

その反動で、おそらく今夏はほとんど開花しない年になってしまうのでは・・・と予想していましたが、さにあらず、意外に多くの花を楽しむことができます。


鎌沼とコバイケイソウ 

水辺を歩くことができるのは涼しげで気持ちがよいですよね。


姥ヶ原のチングルマ

チングルマは花が終わり、穂(実)になっています。


漢字では、稚児車。


中央にワタスゲ。 奥の山は高山(タカヤマ)


姥ヶ原からの下山中、正面に見える吾妻小富士。

登山道沿いには ハクサンシャクナゲなどが開花しています。

鎌沼は 浄土平を起点に、ゆっくり歩いても半日もかからず周回できる比較的手軽なトレッキングコースです。
一切経山(いっさいきょうざん)コースと組み合わせて歩く方が多いと思いますが、鎌沼周回だけでも満足度の高いコースだと思います。

雨の後などは登山道のぬかるみや水溜りで歩きにくい場合があります。
クマ出没の可能性はありますので、クマよけ鈴なども携行してください。

新着ブログをもっと読む