自然紹介 2022/07/21

浄土平湿原の開花状況


浄土平湿原  R4.7/21

引き続き、梅雨に戻ったようなスッキリしない天気が多くなっています。
それでも季節は夏に向かって進んでいて、
ハクサンシャクナゲなどおもに梅雨の時期に見られる花はおおむね終わって、真夏の花が見られます。

空には、吾妻山に避暑にやってきたアキアカネが群れ飛んで、シジミチョウやアサギマダラなど夏の蝶も見かけます。
(浄土平では昆虫採集はできませんのでご注意ください)


シジミチョウ

真夏の浄土平湿原には、遠くから見ても目立つような花は無くなってきますが、
よく見ると個性的な姿や性質をもった植物が見つかりますので木道を散策してみてください。


モミジカラマツ


イワオトギリ


木道で翅を休めるアキアカネ


メイゲツソウ


モウセンゴケ


ネバリノギラン


ヤマハハコ(つぼみ)


コバギボウシ


浄土平湿原(バリアフリー木道)

陽射しが出ると、山の日光は強烈なので、日焼け止めや熱中症対策をお忘れなく。

なお、8月から桶沼寄りの木道の一部で改修工事が始まるため、通行止めとなる区間があります。
現場の看板等で確認してください。

新着ブログをもっと読む