自然紹介 2018/11/09

紅葉の水林自然林

水林自然林の散策路 H30.11/8

11月に入り、紅葉は山からふもとまで下りてきました。
福島市内では各所で今が見ごろ。からの、ピークを少し過ぎた感も漂い始めました。

福島市郊外の「水林自然林」の様子をご紹介します。
地元の人にとっては秋の芋煮会とか、比較的手軽なキャンプの穴場になっています。
すぐ近くに「四季の里」や「あづま総合運動公園」などもありますので楽しみ方はいろいろ。

浄土平キャンプ場が利用できないときには、裏磐梯周辺のキャンプ場や、ここをご紹介したりしました。(吾妻山の噴火警戒レベル2のとき、浄土平キャンプ場は利用できません)
管理事務所で申し込みすれば無料で(!)キャンプすることができます。標高は250mくらい。吾妻山を望み、荒川沿いの静かな環境です。

管理事務所

雑木林を抜ける散策路があります。
さまざまな色合いの紅葉を楽しむことができます。

キャンプ場周辺
案内看板

初冬を迎える時期なのでキャンプはもう辛いかもしれませんが、冬になると管理事務所周辺に森の人気者ニホンリスがやってきて、可愛い姿を見せてくれます。

散策路では、江戸時代に築かれた「霞堤」と呼ばれる石積みの築堤を見ることもできます。 近くを流れる荒川はしばしば洪水の被害を発生させていましたが、「水林」という名称からも分かるように、もともとここは水防林として保全管理されてきました。断続的に築かれた霞提によって急激な水圧を分散させるとともに、肥沃な土砂を下流に流さずこの地域に残して、農地として利用できるようにするという先人の優れた工法です。

ここは、いわゆる観光名所という場所ではないと思いますが、気軽に自然に親しめるお勧めスポットです。
ちなみに磐梯吾妻スカイライン・浄土平までのアクセスは、車で1時間程度です。

新着ブログをもっと読む