自然紹介 2019/05/16

「春」よこい

 うららかな春の陽気に包まれる日が多くなった上高地。爽やかで気持ち良い季節です。
 鳥たちにとっても繁殖のための大事な時期で、そこかしこで賑やかな鳴き声が交わされ、つがいで仲良く飛び回ったり、営巣の材料をくわえてせっせと運ぶ姿をよく目にします。
 
 ・・・と、そんな中、最近ちょっと気になる一羽が。

 それがこのキビタキくん。
 一般的な個体と比べると、頭から背にかけての黒が淡く、眉斑といわれる目の上のラインもなんだか頼りない感じ。鳴き声もぎこちないというかつたないような。。。
 鳥に詳しいスタッフによると、恐らく1年目の若鳥ではないかとのことで、なるほど~と納得。当たり前のことですが、立派な成鳥になるには時間や経験が必要。一朝一夕ではいかないわけです。


目指す姿はここ!

 まだ成長のさ中、そのかけだし感が微笑ましくもありますが、心配なのはお嫁さん探しのゆくえ。この界隈でもモテそうなライバルくんの姿をちょくちょく見かけているので、嫁いでくれる子がちゃんと見つかるかしらとやきもきしてしまい、気分は親戚のおばちゃんです(笑)

 さてさてこの子に「春」は来るのか!? がんばれ、若キビくん!


/ お嫁さん募集中~ \

新着ブログをもっと読む