イベント 2019/06/02

第73回ウエストン祭

 昨日の徳本峠山行に続き、本日10時より、ウエストンレリーフ前にて碑前祭が執り行われました。


安曇小学校児童によるコーラス

 青空の下・・・とはいきませんでしたが、高曇りで穂高もくっきりとその姿を見せる中、歴史ある行事に多くのお客様や関係者の方々が参加されました。

 ウエストン祭では、毎年デザインの違う手ぬぐいとブローチが記念品として販売されており、これを目当てに欠かさずお越しになる方もいらっしゃるほど。
 今回、手ぬぐいはウエストン氏の名著「日本アルプス登山と探検」にも記してあり、氏の槍ヶ岳への志向を決定的なものにしたという、保福寺峠の眺めがデザインされています。ブローチは薄いピンクが愛らしいタカネザクラ。手彫りのあたたかみがなんともいえません。

 上高地はニリンソウが盛りを過ぎ、コナシの花がほころび始めています。6月はお花と新緑のベストシーズンです。ウエストン氏が愛した山々の景色とともに上高地の自然も楽しんでいただければと思います^^

新着ブログをもっと読む