自然紹介 2019/06/04

生き生き

 各地で真夏日や猛暑日となる中、上高地も20℃を超える日が出てきています。草花、樹木もそれにつられるようにぐんぐんと花や葉を広げ、開山時と比べるとすいぶん色彩豊かになったなぁと感じます。

 つい先日ほころび始めたコナシは、木によっては早くも満開となったものもあります。新緑に白い花が映え、その甘い芳香でも私たちを楽しませてくれています。

 ファンも多いベニバナイチヤクソウもだいぶつぼみが膨らんで、もうあとちょっとで開花といったところです。

 レンゲツツジもつぼみの存在感が増してきました。花が咲くまでの「まだかな~」「そろそろかな~」と待つ時間もまた楽しいものです。


コナシの花の中をちょこまか動き回るカメラマン泣かせのエナガさん


大きい獲物をゲット!カケスさん


水草を食べる姿はまるでシンクロ、二羽で息ぴったりのマガモさん

 鳥たちも元気に活動中です。新緑の時期になった分、なかなか姿をとらえるのが難しいですが、鳴き声のしている方へよくよく目を凝らしてみると見つけることができます(できないことも多いですが(苦笑))。
 今日はなんと上高地の鳥界のアイドル、コマドリさんと出会えました!鳴き声は何度も聞いていましたが、姿をこれだけしっかりと見たのは実は初めてで、感激と興奮のひとときでした。


 シャクナゲをバックに、響き渡る美しいさえずり


多くの人に愛されるのも納得のキュートさ

 

 この他にもさまざまな植物、動物たちが上高地にはたくさん暮らしています。見つけたときはそっと愛でてくださいね。

新着ブログをもっと読む