自然紹介 2019/07/16

艶やかな夏のお花

 少し陽が差せば暑さを感じるようになった上高地。続々と夏のお花が咲いています。


ニッコウキスゲ

 図鑑では「ゼンテイカ」が一般的ですが、広く親しまれているのはこの名前ですね。上高地ではお花畑と称せるほどの群落はありませんが、おおぶりで目立つお花です。


ヤチトリカブト

 最初に発見されたのはなんと上高地なのだとか。美しい花には刺があるといいますが、こちらは花から根まで全てに毒を持っています。安易に触らぬが吉です。


クルマユリ

 輪生状につく葉が名前の由来ですが、目を引くのはやはり濃い橙の花。くるんと反り返った花びらの形もチャームポイントです。


バイカウツギ

 「梅花」の名の通り、芳香と純白の色が梅を思わせるお花。淑やかながらもほんのり色気を感じる佇まいです。

 雨の日でも楽しめるのがお花のよいところ。ひとつでも覚えておくと、見つけたときの嬉しさも加わって、散策もより一層楽しいものになるのではないでしょうか^^

新着ブログをもっと読む