自然紹介 2020/06/27

梅雨でも!


田代湿原からの穂高連峰ー梅雨の合間の青空

この時期は梅雨の季節とはいいますが、梅雨の晴れ間であったり、あまり強く降らずに済んだりと、散策を楽しんでいただけることもままあります。

梅雨の時期は気温的にまだ涼しく、逆に散策には快適ですらあります。


ギンリョウソウ

今、散策路で出会える花々をご紹介します。

葉緑素をもたない、変わった風貌のギンリョウソウです。
白っぽい色をしたこの植物は、雨にぬれると所々透けてみえます。
薄暗い湿った林内でひときわ異彩を放ちます。


シロバナグンナイフウロ

下向きに花をつけるシロバナグンナイフウロ。
みんなお辞儀をしていて控えめな印象。


オオカサモチの背丈は私(160cm)より大きくなることも。

オオカサモチは小さな花を多数つけます。
上高地ビジターセンターがInstagramにこのオオカサモチをアップしています。
「レースのような繊細さ」と表現していますが、見ているとなるほどそうだなあと感じました。


ベニバナイチヤクソウーしばしば群落を作ります。

ついにベニバナイチヤクソウもほとんどのつぼみを開花させました。
つぼみの頃から長い間、遊歩道で私たちの目を楽しませてくれています。


ゴゼンタチバナ

花をつけている株の葉っぱの枚数は6枚、花がないものは4枚・・・。
数学的な匂いを感じる花だなあと思いながら、いつも愛でているゴゼンタチバナ。
こちらも薄暗い針葉樹林の森の中で目立っています。


上高地ビジターセンター前にあったムカゴトラノオ

白い小さな花を多数つける、ムカゴトラノオ。
花の部分の下方から「むかご」になっていき、やがて落下して新しい株を作ります。


オトシブミの雌

小さな昆虫、オトシブミにも出会いました。
雌がヤナギの葉でせっせと幼虫のゆりかごを作っています。
成虫でも1センチに満たない大きさ。
できあがったゆりかごは職人的仕事です。


サルの親子

サルの親子にも出会いました。


母ザルにおいていかれた子ザル 何とも言えない表情。


イヌコリヤナギの宝石箱

雨のしずくがイヌコリヤナギについていました。
宝石のようにキラキラしています。

夏の花がどんどん開花してきています。
季節は進んでいきます。

上高地ビジターセンターでは、ガイドウォーク<自然観察会>を毎日実施しています。
自然解説員と一緒に小梨平周辺や大正池までの自然を観察をしながら歩き、新しい上高地の魅力を体験してください。
参加費は500円です。
詳しくは上高地ビジターセンター公式ホームページをご覧ください

※中部山岳国立公園 上高地では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新たな生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園 上高地へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

新着ブログをもっと読む