活動報告 2020/08/10

コケ・シダ観察会が開催されました。

 去る8月9日(日)に上高地ビジターセンターにてコケ・シダ観察会が催されました。
 講師に竹重聡氏をお迎えしました。氏は上高地パークボランティアとして20年以上に渡り上高地を訪れていますが、氏のメインのフィールドは南アルプス。休日ともなると、山を駆け回っていらっしゃる、年齢を感じさせないエネルギッシュな方です。
 竹重氏の専門はシダですが、今回は近年人気が高いコケにスポットを当てて紹介してもらいました。


ビジターセンター内でのレクチャーの様子

 まずはビジターセンター館内で簡単にレクチャーを受けます。コケの種類や見分け方などのポイントを教わりました。


屋外でのレクチャーの様子

 そしていよいよフィールドへ。
 ルーペを片手に河童橋周辺を歩きました。石についているものや木についているもの、、、青々とした芝生のような小さな小さなコケの世界。

「生きる上で役には立たないかもしれないけれど、日常生活の中でぜひ観察する機会を作ってほしい。」と竹重氏。

 緑色の小さな森はきっと私たちの毎日にうるおいを与えてくれるはずです。

 当日はマスクを着用しての観察会。時間や人数を制限しての催行でしたが、定員いっぱいの皆様にご参加をいただきました。
 ご参加のみなさま、ありがとうございました。

※中部山岳国立公園 上高地では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新たな生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園 上高地へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご協力ください。みなさまのご理解ご協力をお願いいたします。

新着ブログをもっと読む