自然紹介 2020/11/03

雪は穂高から上高地へ

 昨日の降雪で穂高の雪化粧がまた濃くなり、景色をいっそう美しく見せています。
 朝は雲が多かったものの、10時頃には目に染み入るような青空に塗り替わりました。
 


朝7時頃の大正池


10時頃の梓川沿い


カラマツは半分ほど落葉し、枝が目立ってきました

 ・・・しかし、この青空も長くはもちそうにありません。
 本日の夜から明日の夕方にかけて、上高地は雪予報が出ています。予想気温も日中で1℃と冷え込みも厳しくなりそうです。
 観光バスで上高地までお越しになる場合は、スタッドレスタイヤへの履き替え、チェーンを装備するなどの対策を強くお勧めします。
 また、上高地だけでなく平湯やさわんどでも、もしかすると雨ではなく雪となる可能性があります。マイカーの方も油断なく雪対策の準備をしておくと安心かと思います。
 カラマツの黄葉が見納めとなるかわりに、白銀の上高地が見られる予感・・・。服装も真冬仕様でお越しくださいね。


※中部山岳国立公園 上高地では、新型コロナウイルス感染拡大防止に関する政府や各自治体の方針を受け、「新たな生活様式」に沿った慎重な行動をお願いしています。中部山岳国立公園 上高地へお出かけの際には、各自治体や訪問先が発信している情報を事前にご確認いただき、3つの密の回避や手指の消毒など、感染防止対策にご理解ご協力をお願いいたします。

新着ブログをもっと読む