自然紹介 2022/04/21

4月下旬 明神池への遊歩道の様子―雪どけ進む上高地―

4月20日、雲一つないよいお天気になりました。
開通して間もない上高地。
本日は明神池までの遊歩道の様子をご紹介します。


快晴の空の下に悠然とたたずむ穂高連峰

まずは河童橋を渡って行く明神右岸歩道から。


明神右岸歩道入口

遊歩道上の雪の上を必ず歩くポイントは2~3ヶ所(明神右岸歩道途中)のみ。
そして各々数メートルとかなり短い距離です。
残雪の少なさを感じます。

岳沢湿原もこの通り。きれいに木道が見えています。


岳沢湿原の木道

遠くに雪を被った穂高連峰が見えます。


岳沢湿原の水辺

岳沢湿原を通り抜け更に歩を進めて・・・焼岳もばっちり見えますね。


焼岳遠望

木々の葉っぱが芽吹く前なので、山の眺めが存分に楽しめます。

他の遊歩道上の木道もご覧の通り、すっかり夏のような様子で雪はありません。


明神池まであと5分!のところにある木道


さて、穂高神社奥宮に到着しました。早速参拝させてもらいます。


穂高神社奥宮(明神池入口)

人もまばらで静かな池のほとりに小鳥の声が響いていました。


明神一之池


明神二之池


明神橋を渡って左岸の遊歩道に入ります。


明神橋と明神岳


道わきの緑の主は常緑のフッキソウや雪解け一番に林床を彩るスプリングエフェメラルたち。

エゾエンゴサクが早くも花をつけていました。
ここは日当たりが良いので、他の場所より成長が早いようです。


林床が緑色に染まっています

冬を越えた蝶たちも姿を現していました。
コヒオドシの他にキベリタテハも飛んでいました。
次世代に命をつなげるべく、芽吹き前の春の上高地を飛翔します。


陽光の中たたずむコヒオドシ

明神館前にある穂高神社奥宮参道入口です。

脇の明神公衆トイレも20日に無事ご利用いただけるようになりました。
故障の為閉鎖している小梨公衆トイレ(上高地ビジターセンター前)を除き、上高地内の公衆トイレは全てオープンしています。(4月20日現在)


穂高神社奥宮参道入口(明神館横)

明神左岸歩道にも残雪はありません。


苔むした林内で針葉樹とダケカンバたちがお出迎え

最後に途中で出会った野鳥たちをご紹介します。


枝先にぶらさがって虫をついばむエナガ


巣の材料であるコケを運ぶヒガラ


高らかにさえずるアオジ♂


シジュウカラの警戒音で一斉に飛び立ったアトリ(群れでいました)

他に、ミソサザイ・コマドリ・ルリビタキ・コガラ・コゲラなどの鳴き声や姿を見ることができました。

日中お天気がよいと薄手のジャケットを羽織るくらいで歩けちゃいますが、朝の間や太陽が隠れているお天気ではまだまだ寒さが感じられます。
薄手のダウンジャケットと、防風対策でウインドブレーカーがあると重宝します。
リュックに忍ばせておきましょう。
足元も歩きやすいトレッキングシューズがおすすめです。

春の息吹が感じられる上高地の散策を存分にお楽しみください♪

新着ブログをもっと読む