自然紹介 2022/05/22

上高地 春の花道中*河童橋~徳沢

新緑がまばゆい季節に入り、春真っ盛りの上高地。花が次々と咲き、散策するのがとても楽しい時期です。
先日、徳沢まで足をのばしたので、その道中で出会ったお花を一部ご紹介します。


エンレイソウ

写真のこの子はスタンダードなタイプですが、上高地ではシロバナエンレイソウ、トイシノエンレイソウなど別の種類もあるので、探して比較してみるのも面白いと思います。


ツバメオモト

気品のある佇まいが人気のお花です。薄暗い場所に咲いていても、純白の花がパッと目を引きます。


ウスバサイシン

とてもユニークな姿をしたお花。サトイモ科特有のハート型をした葉っぱを見つけたら、そっとめくってみてください。必ず花がついているわけではないので、ちょっとした賭けの気分を楽しめます。


コミヤマカタバミ

白い可憐な花もさることながら、こちらも三つのハート型の葉っぱが特徴のお花。まとまって咲いているとハートの花束みたいです。


エゾムラサキ

愛らしい小花は青一色ではなく、少し赤みがかった色をしたものが混じる個体もあります。見かけるとついつい足を止めて、見入ってしまうお花です。


オオバキスミレ

上高地では大群落はなく、分布も局地的であまり多くはないそうですが、元気な黄色は少しの群落でも目立ちます。


サンカヨウ

愛好家も多いお花。その理由は、この花の持つもう一つの姿ゆえだと思います。
それがこちら↓↓↓


サンカヨウ もう一つの姿

まるでガラス細工にでもなったかのような繊細で神秘的な姿は、雨がもたらしたものです。
この姿を見たいがために、雨の日を狙って訪れる方もいるほど。気持ちはよくわかります。


ニリンソウ

そしてなんといってもこちら。今の時期、上高地を訪れる方の大半がニリンソウ目当てではないでしょうか。明神や徳沢などで大きな群落を作って咲くので、見ごたえはたっぷりです。


サンカヨウとニリンソウ

他のお花と一緒に愛でるもよし。


前穂高とニリンソウのお花畑

山と一緒に眺められる場所もあります。贅沢な風景ですね。


次に、咲き始めたお花と咲きそうなお花も少しご紹介。


ホンシャクナゲ

まだまだつぼみが多かったこちらのお花。花が大きいので、いくつも開くととても華やかです。


アマドコロ

開花したばかりで、まだ葉っぱが展開しきってませんでした。みずみずしい葉っぱとクリームがかったお花が柔らかな印象です。


イワカガミ

開花にはもう少しかかりそう。咲くのが楽しみなお花の一つです。


ベニバナイチヤクソウ

数日前までは「紅色のアスパラ」という感じでしたが、だいぶつぼみが膨らんできました。こちらも咲くのが待ち遠しいです。

徳沢までは河童橋から片道2時間はかかるので決して楽ではありませんが、ぜひともこの時期歩いてほしいおすすめのコースです。ぜひたっぷりと時間をとって、上高地の春を楽しんでください。


*********

上高地のお花を知りたいなら「上高地の花ハンドブック」がおすすめ!
季節順なのでわかりやすく、野草だけじゃなく樹木も載っているのが嬉しい一冊です。
上高地インフォメーションセンター、上高地ビジターセンターでお求めいただける他、オンラインショップでも好評販売中です。

新着ブログをもっと読む