自然紹介 2022/06/21

上高地 梅雨の花道中*田代湿原へ

六月も早くも下旬。梅雨真っ只中なので、からっと晴れる日はなかなかありませんが、雨の降らない日ならちょこちょこあります。そんな日を狙って、今回は田代湿原へお花を見に行ってきました。


ミヤマカラマツ

上高地ではカラマツソウとその仲間を合わせて3種見られますが、一番初めに咲くのが本種です。どの種も線香花火の火花を散らせたような形の白い花が特徴ですが、よくよく見ると種によって違います。個人的には本種が一番柔らかな印象です。


ヤマオダマキ

萼片と距の褐色がかった紫と、花びらの淡い黄色の対比が綺麗です。花全体が淡い黄色のキバナノヤマオダマキもあり、上高地ではキバナの方が多めです。


ニッコウキスゲ

図鑑だと「ゼンテイカ」の名で載っていますが、親しまれているのはこちらの名ではないでしょうか。パッと明るいイエローカラーは、見ると元気になれます。


ギンリョウソウ

全身真っ白のなんとも不思議な姿をしたお花。光合成ではなく、菌類との共生により栄養を得ているという生態も興味深いです。


ショウキラン

生態はギンリョウソウと同じですが、こちらは全身ピンク色。美しさと怪しさが同居した魅惑的なお花です。


ゴゼンタチバナ

漢字で「御前橘」と書くように、小さいながら凛とした気品を感じます。実は、4枚の花びらに見えるのは花びらにあらず。その真ん中に集まって見えるのが花です。


ツマトリソウ

群生していると、地面に星を散りばめたよう。一つひとつを見てもかわいらしい、スタッフにも人気のお花です。


オオバミゾホオズキ

湿った場所に群生して咲くことが多く、色も黄色なので目につきます。そばかすのような斑点がチャーミングです。


レンゲツツジ

湿原を華やかに飾ってくれる、この時期の上高地を代表するお花です。おおぶりで鮮やかな朱色は、見る人を惹きつけてやみません。


サギスゲの果穂

お花自体はいつ咲いてたの?と思うくらい地味ですが、花の後に見られるほわっとした白い果穂は密かに人気です。一面の白い果穂が風になびいて揺れる風景は、時を忘れます。


サギスゲの果穂とレンゲツツジ

そして、いつもならサギスゲが果穂になるのはレンゲツツジの後なのですが、なんと今年は同じ時期に被り、両者のコラボレーションを楽しむことができます。


色鮮やかな田代湿原

穂高の山々と一緒に撮れたら尚よかったのですが、この日は残念ながら雲の中。それでも緑の中に朱色と白が映え、美しいコントラストをなしています。

人は少なく、お花は種類が多いという、実は散策にもってこいの時期です。雨の合間を狙って、ぜひ上高地にお越しください!


*********
上高地インフォメーションセンター、上高地ビジターセンター、そしてオンラインショップでも好評販売中の二つをご紹介♪

【上高地の花ハンドブック ¥1,980】
上高地のお花を知りたいならこちらがおすすめ。季節順なのでわかりやすく、野草だけじゃなく樹木も載っているのが嬉しい一冊です。お花の多いこの時期は、散策のお供にしてお役立てください。

   
【上高地の野鳥 DVD/Blu-ray 特別価格¥1,990/¥2,390】
「上高地の野鳥」と題していますが、四季折々の風景やお花も盛りだくさんで収録されています。
今なら、定価より¥1,000引きでご提供しておりますので、ぜひこの機会にお求めください。
DVD ¥2,990 → ¥1,990
Blu-ray ¥3,390 → ¥2,390

新着ブログをもっと読む