自然紹介 2022/08/02

上高地 盛夏の花道中*バスターミナル~小梨平

8月、季節は盛夏となり、陽差しの強さと暑さが際立つのと比例して、緑や水の色が濃く涼し気に目に映ります。
今回も前回とほぼ同じコースにて見られるお花をご紹介しますが、季節が進んだ分、前回とは違う顔ぶれですので、そんな違いも楽しんでいただけたらと思います。


タマガワホトトギス

黄色い地に斑点模様が特徴で、形もお花としては変わっているので、初めて見たら「わっ」と思うかもしれません。ユリ科の植物はサルの好物なので、撮るのが先か食われるのが先かの競争が毎年各所でひっそりと起こっています。


ノブキ

花全体としてはどうにも地味に見えてしまうので、素通りされがちなのですが、よくよく見ると小さなかわいらしい小花が集まって咲いており、花が終わった後の実の形もユニークなので、スタッフの間ではひそかに注目のお花です。


ヤマホタルブクロ

紫色と提灯のような形が特徴のお花。もし夜、蛍が花の中に入り込んで光を点したら、さぞかしロマンチックできれいでしょう。


ノリウツギ

一般的なアジサイより遅咲きなので、5,6月よりお花が少なくなるこの時期を純白で素敵に飾ってくれます。


クサボタン

薄紫の色が美しく、くるんと外側にカールしている形がチャームポイント。有毒植物というとトリカブトが有名ですが、本種も有毒です。


ゲンノショウコ

小さくかわいらしい花は白と赤の二色あり、地域によって咲く色が偏ることもあるそうですが、上高地ではどちらも同じくらい見られます。


オオウバユリ

大きいものだと2mほどにもなるのっぽさんで、緑白色のおおぶりな花をいくつもつけて咲くのでかなりの存在感です。ただ、こちらもサルの好物なので、以前あった株はだいぶ減り、上高地ではあまり見かけなくなってしまっています。


上高地の涼スポット、清水川

上高地は標高の高い場所にあるので都会の猛暑のような暑さとは無縁ですが、その分陽差しはきつく、天候も変わりやすくあります。日焼けや熱中症対策、雨具などの準備をして散策をお楽しみください。

********

シマエナガのぬいぐるみが、さらにかわいくリニューアルして再入荷しました!
散策のお供に、おうちの癒し要員に、ぜひお手元にお迎えくださいませ。
お求めの方は、上高地インフォメーションセンター、上高地ビジターセンター、またオンラインストアへどうぞ!

新着ブログをもっと読む