自然紹介 2018/10/08

見頃です♪

朝は一桁台まで下がるほどに冷え込み、日も短くなって
冬が駆け足で近づいてくるのを実感する今日この頃。
冬の準備をしなければと焦りますが、
せっかくのこの短い秋を楽しまなきゃ損ですね♪

ということで、現在の紅葉情報をお伝えします。
今の川湯地域では硫黄山周辺が見頃を迎えていますよ~!


左から硫黄山、かぶと山(通称)

同じくらいの高さの山が二つ並んでいますが、その見た目・特徴は全く別物。
硫黄山はほとんど植物が自生していない活火山で、
その隣のかぶと山は硫黄山の影響によって半分はハイマツ帯(高山のような植生)、
半分は針広混交林となっており、今の時期はよりその差がはっきりとわかるようになっています。


左半分がハイマツ帯、右半分は針広混交林

硫黄山周辺は地熱が高いため、紅葉の進みも他よりも早く、
毎年ココだけ一番乗りで真っ赤に染まります。


赤、緑、オレンジ、深緑…色とりどりです

赤く染まっているのはヤマウルシです。
近寄ると危険ですが、遠くから鮮やかな赤を眺める分には良いですね(笑)。
道路際からでも十分赤く見えますので、
ぜひ皆さまドライブがてら見に来てくださいね~!

硫黄山周辺の紅葉が終わった後、屈斜路湖畔などが色付いていきます。
10月はぜひ紅葉を見に川湯地域へ通ってくださいね♪笑

*阿寒摩周国立公園川湯地域の自然情報は下記のホームページでもどうぞ♪

新着ブログをもっと読む