重要イベント 2020/11/07

嫗仙の滝紅葉巡り終了しました。


嫗仙の滝

 みどりの県民税基金を活用した草津町のイベント(自然公園財団協力)の最終回。 
時々日のさす中、参加者28名、ガイド5名で秋の1日を楽しみました。
滝までの紅葉の美しい部分は戦後炭や薪を切り出した二次林です。
 赤い岩肌と白い滝は絶妙景観を作り出しています。
写真左側の岩穴から流れているのは温泉です。
その昔、草津は水遊びをする場所がほとんどなかったのでここで水遊びをした話をよく耳にしますが
今では水質の悪化で川での水遊びはできません。
参加者の皆様から「今年の紅葉は一段とすばらしい」とお褒めの言葉を沢山頂きました。


嫗仙の滝のカツラ

 左側の大きいカツラの巨木は森の巨人100選にも選ばれています。
樹高35m、幹回り6,7mです。樹齢300年ぐらい
 カツラの木は1000年も生きるといわれ、人間に例えるとまだ中学生ぐらいの若木、湿り木のある肥沃な所に生育します。


トチノキの巨木

 トチの巨木の周りは大小のトチの木の林となっています。
トチの実は古くからトチ餅、トチの実せんべいなどに加工され地方の名物となっています。
トチの実にはサポニンが含まれ、人間はトチの実を灰汁に漬け込んでから流水で灰汁出しを行ない食料とします。自然界の動物(ネズミなど)大きな実を少し食べますが、実は残った分で発芽します。自然と人。動物などのかかわりがよくわかります。


滝の入り口イヌブナの紅葉

 この地域はイヌブナ・ブナの木が混生しています。
イヌブナ(黒ブナ)は標高がブナよりもやや低い所生育します。葉の裏の葉脈上に絹毛があるので落ち葉をでも簡単に見分けることができます。


2班の皆さん

滝を目指しどんどん下ります、途中の一休み。今回は5班に分かれ、なるべく密を避けています。
ガイドはフエースシールド着用、受付時はアルコールで手の消毒 もちろん貸し出すストックもアルコール消毒です。

新着ブログをもっと読む