自然紹介 2021/05/07

【5/6】湯ノ湖自然情報


ビジターセンター前のアカヤシオ

 今週初めには雪もちらつき、最低気温が零度を下回った湯元周辺ですが、木々の芽が膨らみだし新緑や花々の季節が近づいてまいりました。

 今回はビジターセンターから湯ノ湖一周の自然情報をお届けします。

 ビジターセンター前には鮮やかな淡紅紫のアカヤシオが満開!今週初めの雪にも負けず美しく咲いている姿に健気さを感じます。
 


ミサゴ発見! なんと!!!

 湯ノ湖ハイキングコースは山側から歩きました。

 休暇村前の木道上空でミサゴが優雅に滑空。湯ノ湖ではよく見かける猛禽です。このミサゴ、目を凝らしてよ~く見てみると……魚を捕まえています!!!
 ミサゴは空中にホバリングし、一気に湯ノ湖の湖面にダイブして魚を捕らえる迫力の姿も見られます。きっと、このミサゴもその直後だったのでしょう。


アズマシャクナゲその1

 山側のアズマシャクナゲは蕾が膨らんで、開花も間近ではないかと思わせられましたが・・・、こうした気の早い株は2つ程度。

ほとんどのアズマシャクナゲの蕾は、



アズマシャクナゲその2

 こんな感じでした。
 
 今年は蕾の数が多いようで期待されます。来週から再来週にかけて開花していくと思われます。(私見ですが)



ミネザクラ(タカネザクラ)

 湯滝落ち口から国道沿いの歩道では、可愛らしいミネザクラが咲きだしています。
 春ですね~。


ウグイス登場

 兎島近くでは、ウグイスが一生懸命さえずりの練習?をしてました。鳴き声だけでなかなか姿を現してくれないウグイスですが、ちょっと鳴く真似をしてみたら、興味を持ったのか出てきてくれました。
「あんた、下手だね」というような顔です(私見ですが)

 奥日光の湯ノ湖もようやく春を迎え、これからたくさんの動植物でにぎわう季節。感染対策でいろいろと制約のある時世ですが、奥日光の豊かな自然を今後もお届けしいたします。

新着ブログをもっと読む