自然紹介 2021/02/22

2/22 流氷の一部が着岸です!

知床ウトロの海岸では砕けた流氷でシャバシャバな状態になっています。
波に合わせて流氷が文字通りゆらゆらと揺れていました。

海面が白く濁って見える部分は海水が凍り始めた段階の氷です。
このシャーベット状の氷を「氷泥」と呼びます。
海岸沿いでじっとしていれば、「シャリシャリシャリ・・・」と細かい氷粒の擦れた音が聞こえてきそうですね。撮影時の外気温は約1℃程だったので、流氷が解け始めているのかも?

次回の流氷報告を楽しみにお待ちください!
<担当:畔柳>


海ワシはまだまだ見られます!

新着ブログをもっと読む