自然紹介 2022/09/09

オロンコ岩自然情報 2022/09/09

9月9日、オロンコ岩に登りました。
登っていると汗ばんで暑さを感じますが、岩上ではススキの穂が風に揺れて秋の気配が漂っていました。

花の季節は終盤です。咲いていたのは黄色のミヤマアキノキリンソウ、紫のトリカブト、ナンテンハギのほか、ヨモギの仲間で目立たないイワヨモギ、アサギリソウくらいでしょうか。

少なくなった花に昆虫たちも集まっています。
写真のチョウ、ミドリヒョウモンもせわしなく飛び回っていました。

トリカブトにはマルハナバチが蜜を吸いに来ていました。
猛毒で知られるトリカブトですが、受粉を手伝ってくれる昆虫には毒は作用しないようです。
ところが、よく観察するとマルハナバチは花の中には潜り込まずに花の上から蜜の場所を探り当てて吸っているようでした。
これは盗蜜といい、花にとっては一方的に蜜を盗まれるだけの困った行為です。
トリカブトは盗蜜を防ぐために複雑な花の構造をしているそうですが、ここはマルハナバチの方が一枚上手だったようです。

(小野寺)

新着ブログをもっと読む