活動報告 2018/11/23

10/27 ルシャ地区・海岸清掃に参加しました 

この活動は2004(H16)年より斜里町と環境省が主催となって行っています。
清掃活動は発起人である、「知床の海岸をきれいにし隊」の地元ボランティアの方々が中心になっています。

今回は46名が参加し、580kgの(一般)ゴミを回収しました。

ペットボトルや何かの容器、ビンや缶、ボロボロになった機械の破片など、さまざまな漂着物があり、強風と雨の中の活動となりましたが、参加者は45ℓ のゴミ袋を何枚もいっぱいにしていました。

近年は「マイクロプラスチック」が問題視され話題となっていますが、知床は海岸に漂着したペットボトルの飲料水をヒグマが飲んでいる例もあり、「ヒグマが人間の食べものの味を覚えるきっかけ」にもなっています。

一人一人が回収されずに自然の中に置き去りにされてしまうゴミを減らす努力が必要です。

- おまけ -
たくさんのカラフルな漂着物(人工物)を拾っていると自然の漂着物は「ない」のか…と残念な気持ちが大きくなりましたが波の浸食で真っ白に風化したエゾシカの角を見つけて少しホッとしました。

s

新着ブログをもっと読む