自然紹介 2019/03/06

暖かくなるフレペの滝

先日、フレペの滝遊歩道を歩いてみました。
今年の冬は雪が少なかった影響か、雪解けが例年より早く進んでいるように感じます。

数日前まではこの一帯は真っ白な雪原でしたが、気温の上昇や太陽光で雪が薄くなってきているため、周りを見てみると沢山の穴があり、その中にはカシワや笹などの茶色い枯葉が見えていました。
このまま暖かくなればこのような場所から新芽が出てくるかもしれません。


シカ食事中&流氷

厳冬期ではエゾシカが積もった雪を前足で掻いて、必死に草を掘り出していましたが、今回は茶色い地面で草を食み、中には日向ぼっこをする個体もいました。
シカの行動の違いを見て、ウトロにも春がやってきているのだなぁと遠くない春の訪れを感じました。


現在のフレペの滝と知床連山

遊歩道最終地点にある展望台付近では、オホーツク海を漂う流氷が見られます!
(流氷は風向き次第で海岸に近づいたり、沖合いに離れたりします)
冬や春を実感する今の季節の散策も面白いですよ!

新着ブログをもっと読む