お知らせ 2018/10/03

絹笠山山頂からの絶景


絹笠山からの景観:眼下に町並みが統一された温泉街。遠方に雲仙岳

 温泉街から、白雲の池の池まで徒歩で約15分、そこから登山道をゆっくり30分程で山頂へ辿りつきます。登山道も整備されており散策コースとして親しまれています。
 雲仙岳は、高野山と同じようにいくつかの山の総称で、画像では、左から国見岳・妙見岳・普賢岳・そして灰色の平成新山です。


町並みが統一された雲仙温泉街:赤い屋根に白い壁面


絹笠山から、温泉街の反対側(西方面)に見られる夕日

かつて、明治・大正期の多くの外国人が避暑で雲仙へ来ていた頃。この絹笠山へ登山し夕日が美しかったことから、「サンセットヒル」(夕日が沈む丘)と呼んでいたそうです。

新着ブログをもっと読む